FXと快適に暮らそう

SBI FXトレードでFX取引を考える

FXで投資取引を行うためには、まずはFXという金融商品を取り扱っている取引業者と契約を結ぶ必要があります。

契約を結ぶのにそれほど難しい事はありません。多くの場合は、取引業者のウェブ―ページから契約申請の項目に対して記入をしていくだけになり、本人確認の書類の終了後に、取引業者の審査が通れば、IDとパスワードが送られてきますので、それを用いて開設されている取引専用の口座に入金を行えば、その瞬間からFX取引を楽しむことができるようになります。

このようにして、FXでは投資取引を開始していくのですが、まずは取引業者をどこにするのか、というのがFXで一番最初にしなくてはならないことになるでしょう。
FXを取り扱っている業者は、国内のみならず海外にもあり、その業者ごとに取引きの内容や手数料、取引きされる銘柄、払い出される利益の設定などに違いがあるため、よく比べて自分の取引きの目的や方法、日々のライフスタイルなどに合わせて選択するのが良いでしょう。

そうした数ある取引業者の中でも「SBI FXトレード」はいろいろな面から、投資取引の初心者の方にも是非お勧めしたいFX取引業者になります。

このSBI FXトレードにはいろいろな特徴があるのですが、なんといっても最低取引通貨単位が小さい、という事が挙げられるでしょう。
最低取引通貨単位とは、一回の投資がどのぐらいの通貨交換から始められるか、という事になります。
FXでは異なる二つの通貨を互いに売買しあい、そこから利益を求めていく仕組みなのですが、この最低取引通貨単位以上の通貨量からしか取引きが行いないことが通常で、例えば1ドル100円の為替相場であれば、ドルを買って取引きを行うためには、最低でも1万ドルからしか買う事ができず、100万円が一回の取引きにかかる投資資金という事になります。

多くの取引業者では、1万通貨単位、5千通貨単位、1000通貨単位という設定がほとんどなのですが、SBI FXトレードでは、1通貨単位からの取引きが可能になっています。

これにより、自分の予算に合わせた取引きが可能であり、また、取引きの最中の通貨の買い増しや、一部生産などの場合にも、細かな通貨での対応ができるために、大変に有利なのです。

また、取引手数料である「スプレッド」が小さいのも魅力の一つでしょう。
利益を求めていく投資取引では、手数料などのコストは利益の足を引っ張る要因になるのでなるべく少ないほうが有利になります。
SBI FXトレードでは、通貨の売値と買値の差であり取引業者の手数料の一種として徴収されるスプレッドの幅がとても小さく、このことにより、顧客である投資家の利益をコストで減らすような事態を軽減しているのです。

このように、顧客に有利になる特典が多いのがSBI FXトレードの特徴なのですが、これ以外にも新規に取引き口座に証拠金や投資資金を預け入れると、一定の金額がキャッシュバックされるボーナスや、現在であれば、取引口座を開くだけで500円が戻ってくるキャンペーンなども行われていますので、この機会にぜひSBI FXトレードに取引口座を開いてみてはいかがでしょうか。