FXと快適に暮らそう

通貨不安とFX取引

円安や円高という話題をよくニュースなどで見かけたりすることがあると思いますが、これは、世界で一番に流通をしている基軸通貨であるアメリカの米ドルに対して、日本の円が高い価値を持っていたり、安い価値になっていたりという事を指しています。
どちらが一概に良い、悪い、というものではなく、どちらも行き過ぎるとデメリットを生じるというものになります。

現在は、円安というワードをよく耳にしますが、円安になると我々の生活にはどのような影響が出るのでしょうか。
まず日本は小さな島国であるためにほとんどの資源を外国に頼っており、輸入していくわけですが、この時に支払いは日本円では行われず、外貨で行われることが一般的で、この支払をするために国内の企業が円を売って外貨を買い、その外貨で支払いを行っていきます。
円が安いために同じもの買うためにもたくさんの円を売る必要があり、円安に拍車をかけ、仕入れのコストも上がっていくために、輸入しているものや、輸入しているものせ清算されたものなど、あらゆる物の値段が上がっていくのです。
こうしたことから、円安が進みすぎてしまう事により、我々の生活にも影響が出てくるわけです。

こうした時代の流れを逆手にとって、資産を運用できる方法があり、それが通貨を使った投資取引であるFXなのです。

FX取引は、株取引などと違い、少ない初期費用でも始めることが可能であり、また外国為替市場の為替相場を利用して取り引きを行っている関係から、平日であれば24時間いつでも投資が行え、また、現在ではインターネット環境の整備が進んだこともあり、ノートパソコンやスマートフォン、モバイル端末などを用いることによって、どこからでも取引き手続きが行えるのです。

FXを始めるためには、FXを取り扱っている取引業者と契約を結び、投資資金や証拠金、取引きで得た利益などの払い出しを受ける専用口座を開設する必要があるのですが、この手続きは取引業者の開いているウェブページから行えるようになっているために、ほとんど手を煩わさせられることもなく、簡単に取引きを始めることができます。

FXでは、異なる二つの通貨を一組にした通貨ペアという銘柄を扱い、外国為替市場の為替相場を利用して売買を繰り返し、その為替差損益を求めていく投資取引を行っていくのですが、外貨を互いに売買していくために、円が安い、という部分のリスクはここでは関係がなく、例えば世間の円安が進んで深刻な状態になったとしても、FXでは安定して利益を出すことができるのです。

もちろん、勝ちの安くなっている円でも充分に取引きが行え、例えば安い円を使ってその円を売り、代わりにほかの国の通貨を買って保持をしておけば、円安の影響を受けることはなくなります。

また、この時に日本の円の低金利を逆手にとって、金利の高い国の通貨を買って保持しておけば、その金利の差である「スワップポイント」というものをFXでは日ごとの集計で利益として積み上げていくことができる仕組みがあるため、これを利用すれば例えば定期預金よりもはるかに高い金利のまま、少ないリスクで資産を運用することもできます。

取引業者の設定や、買って保持する通貨の数量にもよりますが、通貨によっては一日に60円ほどのスワップポイントを積み上げられる通貨もあり、これを一年続ければおよそ2万円の利益を得ることができることになるのです。

もちろん、FXの本来の通貨売買でも利益を上げることができるので、銀行に預けている資産をこちらに逃がしながら、時に投資取引きで資産運用をし、そのうちのいくらかの資金は、スワップポインを得るために通貨保持を続けておくという資産の運用も可能になります。

このような、日本の枠にとらわれない世界規模での資産運用をしておけば、日本国内の事情に影響されることなく、利益を積み上げていくことができるために、広い視野を持って生活を送ることも可能になるのです。

まずは、様々にあるFXの取引業者から自分に合う業者を選考することが始まりとなりますので、業者のウェブページなどを見て回ることからお勧めします。